2016年 01月 07日
写真持論公論~機材について
最近カメラ業界がにわかに騒がしくなってきましたね~。
オリンピックイヤーには各社(と言ってもC社とN社ですが...)
フラッグシップ機のリニューアルが行われます。
それぞれフラッグシップ機は報道使用に重きを置いている為、
大きなイベントに対してリニューアルが敢行されるようになっていますね。

さてN社から発表されたD5なかなかのスペックですね。
まあ正常進化というべきでしょうか。
C社の次期モデルの発表も時間の問題でしょう。
しかしこれだけのスペックのカメラを4年周期で出すというのは、
メーカーさんの努力も大変なものだと推測します。
最新スペックを身にまとった最新鋭機にはとてつもない耐久試験が待っています。
恐らく一般モデルとは段違いの耐久性を求められると思います。

私も近々出るであろう次期モデルが楽しみです。
でもここでいう楽しみというのは何が楽しみなのでしょうか。
何か期待しているから楽しみなんでしょうか。
情報はある程度リークしていますから推測は可能です。
又、デジタルカメラの正常進化は今までの流れを見るとだいたい予想は付きます。
今まで機材の制限で表現できなかったものが可能になる。
自分の表現したいものが広がるから楽しみなんでしょうね。

しかし良い写真を撮るのと新しいカメラを使うというのはちょっと違うと思います。
いや「良い写真」の意味合いで変わってきますね。
「良い画質の写真を撮りたい」のであれば最新型を手に入れることをお勧めします。
しかし良い写真とは人の心を動かしたり、見る人を感動させる写真の事だとすると、
最新型を必ずしも使わなくても実現は可能でしょう。
何をどう撮りたいか。これが明確であればおのずとカメラ選びは決まってきます。
良くあるパターンは、良い(高い)カメラだと良い写真が撮れると勘違いしている人。
ここでいう良いとは画質ではありません。
まあそう思う人は写真を深く知らない人、写真は基材だと勘違いしている人、そういう写真を撮らない人。
だと思います。
高いカメラをぶら下げて満足している人も現実にはおられます。

基材はあくまでも道具でしかありません。
ただし道具は圧倒的に信頼できる物で無ければなりません。
表現する道具である事。
その表現をするのにどれだけその道具を必要とするか。
そこが大事だと思います。

※文面と写真は関係ありません
f0142548_0275260.jpg


by sportsgraphic_ys | 2016-01-07 22:13 | Other


     写真持論公論_プリントについて >>