カテゴリ:Freestyle Mogul( 8 )

2011年 04月 15日
上村愛子選手
彼女の決断は競技を続けると言うこと。
一旦競技スキーから離れ自分を見つめなおした結果だと思う。
世界選手権優勝、オリンピック、結婚、様々な事が彼女の人生に影響を及ぼした。
しかし結局彼女は競技スキーをする決意をした。
どれだけやれるかは未知数でもある。
しかし彼女レベルの選手が、いまだ出てきていないのが日本女子モーグル界の現状でもある。
次のソチへの意欲は!?という問いが必ずや飛び交う。
しかしそれを聞くのは時期尚早。
とりあえず今は戦える体と気持ちを作ること。
そして2011-2012シーズンに、世界のモーグルバーンで彼女が見られることを期待している。

f0142548_2395650.jpg

                         2001年~2010年

by sportsgraphic_ys | 2011-04-15 23:06 | Freestyle Mogul
2010年 03月 16日
第30回全日本スキー選手権フリースタイルスキー競技
2週連続で猪苗代に。
当初行く予定は無かったモーグル全日本選手権。
その目的は当然上村愛子選手。しかし今回は土曜の悪天候で出場するも次の日に順延となり結局欠場ということに。
今回はこれから日本の代表となる若い選手達を追った。

f0142548_21533113.jpg

f0142548_21541557.jpg

f0142548_2156155.jpg

f0142548_21562796.jpg

f0142548_21563862.jpg

f0142548_21572671.jpg

CanonEOS-1D MarkⅣ EF300mm F2.8L ISUSM

by sportsgraphic_ys | 2010-03-16 21:48 | Freestyle Mogul
2010年 03月 09日
Aiko Uemura ~2010Freestyle FIS WORLD CUP~
なんでこんな一段一段なんだろう...
この言葉にぐっと来た。
彼女の率直な想いがこの言葉に集約されている感じがした。
それだけ今回のバンクーバーでは、メダルと言う形で今まで支ええくれた人達にお返しをしたっかたのだろう。
そして何より自分の今までやってきた事の集大成として望んだオリンピックだったのだと思う。
正直メダルを取って欲しかったし彼女が一番それを感じていると思う。

今はまだ彼女の心の中には次のオリンピックは無いのかもしれない。
いや考えられないというのが本音だと思う。

2007-2008シーズンにはWCPの総合優勝、翌シーズン猪苗代での世界選手権での優勝。
そして今回バンクーバーオリンピック直後の猪苗代でのWCPできっちり結果を出した。
本当に色々な意味で強くなったと思う。

先日スピードスケートの清水選手が引退を発表した。
その会見の中に長島選手や加藤選手が自分のサインを持っている世代だという話があった。
モーグル界にも同じ事が言える。今の若い選手たちは彼女にあこがれて目指した選手がほとんどだ。

彼女を見続けて12年になるが、もう十分頑張ったんじゃない?っという気持ちとは裏腹に、
オリンピックの表彰台でメダルを首からかけている彼女を見たい気持ちもあるのは事実だ。
どちらにしても今は心からお疲れ様と言いたい。

f0142548_23243334.jpg

f0142548_23252021.jpg

f0142548_23252885.jpg

f0142548_23254347.jpg

f0142548_23261236.jpg

f0142548_232736.jpg


CanonEOS-1D MarkⅣ EF300mm F2.8L ISUSM
CanonEOS-1D MarkⅢ EF70-200mmF2.8L ISUSM

by sportsgraphic_ys | 2010-03-09 23:18 | Freestyle Mogul
2009年 06月 11日
結婚おめでとう!!
モーグル上村愛子とアルペン皆川賢太郎が結婚を報告しました。
高校生の頃から撮り続けて彼女ももう29歳なんですよね。
精神面が弱く、大きな大会では結果が出せなかった彼女も、
今ではWorld Championとコールされるまでに成長しました。
交際が始まってから2年。そう言えばその頃からより精神的に強くなった印象があります。
結婚して挑むおそらく最後であろうオリンピックまであと8ヶ月。
2人で表彰台に上って欲しいと願うばかりです。
f0142548_2245441.jpg

2007.FEB WCPモーグル猪苗代大会の地球温暖化イベントにて

by sportsgraphic_ys | 2009-06-11 22:20 | Freestyle Mogul
2008年 03月 16日
祝 上村愛子 種目別総合優勝&5連勝  
今年の上村愛子は本気モード全快だ。
開幕戦のフランス(Tignes)では2位に入り、その後日本(猪苗代)では国内では初、自身3度目の優勝を飾る。
彼女の勢いは衰えることなく、チェコ、スエーデンと優勝を重ね、日本人初となる種目別総合優勝を果たした。
その後、後半戦全てを優勝で飾り、5連勝で今シーズンを締めくくった。

先シーズンはひざの故障で前半戦を棒に振り、後半戦でも調整に当てた形になった。
その中で迎えた今シーズンは、彼女にとっても正念場だったのかもしれない。
今年からソルトレイクオリンピックで金メダルを取ったフィンランドのターンの天才、ヤンネ・ラテラをコーチに向かえた。
彼は彼女のターンを見直すことをまず行った。

モーグルは採点競技で50%がターン点、25%はエアー点、残りの25%がタイムである。
ターン点が一番ウエイトが重く重要であることがわかる。
2006年のトリノオリンピックから女子では初となる、縦回転を行う3D技、コークスクリュー72を武器に望んだが結果は4位。
何故なんだろう?何故メダルに届かないのか?彼女はどうしたらオリンピックの表彰台に上がれるんだろう?そう考えるようになった。

その解はここにあったといって過言では無いだろう。ヤンネコーチの指導は的中した。
彼女のターンをその姿勢から徹底的に見直したのだ。
その結果ターンの安定感が増し、弱点でもあったスピードも速くなっていた。
今までのコークスクリュー72をアイアンクロスバックフリップに変更し、3Dエアーを封印しても点が伸びるようになっていたのだ。

2年後にはバンクーバーオリンピックが開催される。
今ピークに持ってくるのは早すぎるのでは?っと思われがちだが、
強い選手はどの年でも強いのだ。トリノオリンピック優勝のカーリー選手もそうだった様に、
勝つことの術を知っておく必要があると思う。それを彼女はいま身に着けようとしてるのだろう。
この勢いで来年日本で開催される世界選手権、そして2年後のバンクーバーオリンピックへと、
突き進んで欲しい。ガンバレ愛子!あなたの欲しいものは、すぐそこまで来ている!
f0142548_0261299.jpg


上村愛子2007-2008シーズン成績
 FRA(Tignes)         2位(M)
 USA(Lake Placid)    22位(M)  16位(DM)
 CAN(Mont Gabrial)    4位(M)
 USA(Deer Valley)     9位(M)
 JPN(猪苗代)          1位(M)
 CZE(Sprindleruv Mlyn)  1位(M)
 SWE(Are)           1位(M)   1位(DM)
 ITA(Bormio)          1位(M)

                     (M):シングルモーグル
                     (DM):デュアルモーグル

by sportsgraphic_ys | 2008-03-16 00:43 | Freestyle Mogul
2008年 02月 19日
2008FISフリースタイルスキー猪苗代大会
瞬間
スポーツ写真とは何か!?
一瞬を1コマに納める。その瞬間は一連の流れの中では絶対目にすることの出来ない世界。
そこには今まで想像できなかった新しい発見がある。
f0142548_232093.jpg

f0142548_23261691.jpg

f0142548_2471.jpg

f0142548_23311077.jpg

CanonEOS-1D MarkⅢ EF300mm F2.8 ISUSM

by sportsgraphic_ys | 2008-02-19 23:20 | Freestyle Mogul
2008年 02月 19日
Aiko優勝!!
2008FISフリースタイルスキー猪苗代大会が、福島県猪苗代町のリステルスキーファンタジアで行われた。
f0142548_22403690.jpg

今シーズンは初戦のフランスで2位に入る成績を上げていた。
f0142548_22464168.jpg

去年2007年はひざの故障で、調整に注力を注いだ。
f0142548_22493599.jpg

今年からフィンランドの金メダリストヤンネラテラをコーチに向かえた。
彼女のスタイルにも合っていたのだろう。その効果も出てきていた。
f0142548_22575585.jpg

猪苗代のこのコースは世界でも屈指の難コースと言われている。
転倒する選手が多い中、彼女は確実で安定したターンでほぼ完璧にコースを滑り降りた。
f0142548_2259055.jpg

今年からマスターした、アイアンクロスバックフリップ奇麗に決まった。
f0142548_2303698.jpg

滑り終えた瞬間、Aikoは観客に大きく手を上げて答えた。
f0142548_22304087.jpg

最後の選手が滑り終え点数が出た瞬間、彼女の優勝が決定した。
満面のAikoスマイルで歓声に答えた。
f0142548_2332134.jpg

彼女の競技人生で3度目の優勝。母国日本での優勝は初めてだった。
今まで応援してきてくれた人達にありがとうという事が出来たとインタービューで答えた。
来年はこの地で世界選手権が開催される。そして2010年には、カナダバンクーバーでオリンピックが開催される。
周りの選手も照準を定め力をつけてくるだろうが、それにも勝る強さが今の彼女には感じられた。

CanonEOS-1D MarkⅢ EF300mm F2.8 ISUSM

by sportsgraphic_ys | 2008-02-19 23:11 | Freestyle Mogul
2007年 12月 07日
Freestyle FIS Word Cup Moguls Aiko Uemura 2001~2007
2001年から撮り続けているフリースタイルスキーモーグル上村愛子選手。
彼女を始めて見たのは、1998年長野オリンピックの時期に放送されたIBMのCM。
顔のかわいさと、声の低さのギャップが面白かった。モーグルと言う競技を知ったのもこのCMからだ。
当時白馬高校の高校生だった彼女。始めてのオリンピック出場を心底楽しんだ。
先輩だった里谷多英選手が金メダルを取って、モーグルと言う競技が一躍脚光を浴びた。
その後そのルックスから、マスコミの注目を浴びたのは上村選手の方だった。

ところが人気とは裏腹に成績が伴わないシーズンが続く。
2002年のソルトレイクオリンピックでは6位。ほぼ完璧なエアーで、自分の滑りに満足した彼女だったが、結果は6位。
あまりに低い得点に、観客からはブーイングが起こったが結果は変わらない。

その後2003年のワールドカップのレークプラシッド大会で初優勝を飾る。
この時のインタービューで(当然英語なのだが)、ほとんど答えられなかった彼女がほほえましかった。
翌々年の2005年のワールドカップボス大会でも優勝を飾る。
この年からエアーの3D(縦方向の回転)も解禁となり、彼女も女子では始めて3Dコークスクリューという大技をマスターし強い武器としていた。

満を持して挑んだ2006年のトリノオリンピック。
3Dの大技を決め、確実にターンを決めればメダルは確実と思われた。
しかし結果は5位。第一エアーのヘリコプターで若干傾き、着地でバランスを崩したのが大きく響いた。
そして周囲の選手と明らかに違っていたのは、技の難易度でもターンの正確さでもなく、そのスピードだった。
モーグルと言う競技は採点競技である。ターン点が50点、エアー点が25点、スピードが25点という配分になっている。
彼女にはその絶対的なスピード、パワーに掛けていたのだ。

しかし客観的に物言うのは簡単である。選手のプレッシャーというのは計り知れないものだと思う。
小さな体で全身でぶつかっている彼女を見ていると、自然と応援したいと言う気持ちが沸いてくる。

2010年のバンクーバーオリンピックでは彼女は31歳。最後のオリンピックだと思う。
笑顔でゴール出来るように、そして自分が納得できる滑りが出来るように、残り3年。
精一杯モーグルを楽しんで欲しいと思う。バンクーバーで最後のAikoスマイルを見るために。

f0142548_1161334.jpg

2001.2.10~11 Word Cup 飯綱高原スキー場
f0142548_1175022.jpg

f0142548_118492.jpg

2002.3.8~10 Word Cup  斑尾高原スキー場
f0142548_1201682.jpg

f0142548_1202848.jpg

2003.2.21~23 Word Cup 斑尾高原スキー場
f0142548_1222534.jpg

f0142548_1223899.jpg

2004.2.14~15 Word Cup 猪苗代大会 リステル猪苗代
f0142548_1302345.jpg

f0142548_1303876.jpg

2005.2.5~6 Word Cup 猪苗代大会 リステル猪苗代
f0142548_1311490.jpg

f0142548_1315015.jpg

2006.3.15 Word Cup 猪苗代大会 リステル猪苗代
f0142548_133181.jpg

f0142548_13332100.jpg

2007.2.16~18 Word Cup 猪苗代大会 リステル猪苗代

2001~2004 Nikon F5 AF-S500mm F4 FUJICHROME Velvia  CanoScan8800F
2005 CanonEOS-1D Mark2 EF500mm F4 ISUSM
2006~2007 CanonEOS-1D Mark2N EF500mm F4 ISUSM

by sportsgraphic_ys | 2007-12-07 01:38 | Freestyle Mogul