カテゴリ:Field Athletic( 13 )

2011年 02月 06日
第30回大阪国際女子マラソン
2011最初のスポーツ撮影はこの大会。
今年のこの日は一段と冷え込みしかも強風が吹く天候だが、終始太陽は機嫌良く顔を出してくれた。
その太陽が一般参加者のフィニッシュの時間帯にゴールエリアを照らした。
それぞれの思いが詰まった42.195km。
そんな気持ちが伝わってきた。

f0142548_0132244.jpg

f0142548_0135798.jpg

f0142548_014726.jpg

f0142548_0143594.jpg

f0142548_0144916.jpg

f0142548_0145752.jpg

f0142548_0474773.jpg

f0142548_0475645.jpg

f0142548_048481.jpg


CanonEOS-1D MarkⅣ EF400mm F2.8L ISUSM
CanonEOS-1D MarkⅢ EF17-40mmF4L USM

by sportsgraphic_ys | 2011-02-06 00:17 | Field Athletic
2009年 05月 11日
IAAF JAPAN GRAND PRIX in OSAKA 2009
朝から天候に恵まれ夏のような日差しが降り注いた、世界のトップランカーが集う大阪国際グランプリ陸上。
その照りつける太陽は時間がたつにつれ傾き、競技場の屋根の形に陰を作り出す。
もう光は望めないか...っと思った競技終了間際、その隙間から差し込んだ西日がトラックを照らした。
f0142548_21343081.jpg

f0142548_2135784.jpg

f0142548_21354597.jpg

f0142548_21511812.jpg

f0142548_2136917.jpg

f0142548_21361881.jpg

CanonEOS-1D MarkⅢ EF400mm F2.8L ISUSM EXTENDER×1.4

by sportsgraphic_ys | 2009-05-11 21:30 | Field Athletic
2009年 03月 08日
2009名古屋国際女子マラソン~高橋 尚子選手ラストラン~
23年間の競技生活に今日ピリオドを打った高橋尚子選手
スタート前のアップも至ってリラックスした様子で、海外招待選手のリディア・シモン選手と笑顔でのアップ。
正直レース前にこんなにリラックスして、しかも太った?高橋選手を見たのは初めて。
記録や順位とは無縁のレースに、終始笑顔で沿道の「Qちゃ~ん!」の声援に答えていた。
これからは記録に縛られること無く、楽しんで走って欲しい。
f0142548_22452480.jpg

f0142548_2246651.jpg

f0142548_22463851.jpg

f0142548_22464829.jpg

f0142548_22465866.jpg

CanonEOS-1D MarkⅢ EF400mm F2.8L ISUSM

by sportsgraphic_ys | 2009-03-08 22:45 | Field Athletic
2009年 01月 25日
2009大阪国際女子マラソン
2009年今年初めの撮影です。
朝から雪が舞う寒い中、毎年恒例の大阪国際女子マラソンが長居競技場をスタートに行われました。
今回の狙いは渋井選手。
フルマラソン初優勝は2001年この大阪国際でした。その初マラソンで世界最高記録も樹立。
輝かしいデビューを飾ったものの、その後何度か彼女のレースは撮影するも優勝は無し。
そんな彼女が世界選手権選考レースでもある今年、相性の良いこの地で再び優勝を手にし代表権を獲得しました。

スタート前に振った雪が路面を照らした。
f0142548_23434312.jpg

f0142548_23563810.jpg

f0142548_23363194.jpg

f0142548_2239525.jpg

f0142548_22401137.jpg

f0142548_22444373.jpg

f0142548_22445324.jpg

CanonEOS-1D MarkⅢ EF400mm F2.8L ISUSM 
CanonEOS-1D MarkⅡN EF17-40mm F4L USM 

by sportsgraphic_ys | 2009-01-25 18:57 | Field Athletic
2008年 10月 28日
高橋 尚子選手引退
Qちゃんの愛称で親しまれてきた高橋尚子選手。今日現役引退の表明をしました。
アテネ、北京とオリンピックの代表権を逃し、次なる目標を東京、大阪、名古屋の国内3大会に絞って海外で調整していましたが、
それも実現することはありませんでした。
現役最後のレースとなった名古屋では失速しここで引退するかという声もありましたが、
彼女はそれでも頑張っていました。しかし彼女も36歳。体力的にもそうですが、モチベーションを保つのが大変だったのだと思います。
記者会見で報道陣から自然に出た拍手に涙ぐむ彼女の姿が印象的でした。
f0142548_2054767.jpg

          2008.3.9 現役最後のレースとなった名古屋国際女子マラソン

by sportsgraphic_ys | 2008-10-28 20:54 | Field Athletic
2008年 07月 01日
第92回日本陸上競技選手権大会
08.6.26-27北京オリンピック代表権をかけた戦いが川崎の等々力陸上競技場で行われた。
当然報道の注目も高く、ゴールシーンや喜びのシーンを新聞や雑誌やWebでよく見かけます。
「同じ絵ではつまらない」と言う気持ちでファインダーを覗きました。
f0142548_22341479.jpg

f0142548_22362584.jpg

f0142548_22365066.jpg

f0142548_22371134.jpg

f0142548_22373326.jpg

f0142548_22374450.jpg

CanonEOS-1D MarkⅢ EF400mm F2.8L ISUSM 

by sportsgraphic_ys | 2008-07-01 22:55 | Field Athletic
2008年 05月 12日
国際グランプリ陸上大阪大会2008
この日は予報通り朝から雨。
気温もこの時期としてはかなり低めの10度台。
それでも陸上は中止になる事は無く、この大会も決行された。
選手は記録の更新は望めるはずも無く、順位だけを争う。
気温も低い中、調子を維持するのにも苦労するだろう。
f0142548_2355525.jpg

CanonEOS-1D MarkⅢ EF400mm F2.8L ISUSM

by sportsgraphic_ys | 2008-05-12 23:59 | Field Athletic
2008年 03月 11日
名古屋国際女子マラソン
日本全国民が注目したであろう、北京オリンピック女子マラソンの実質最後の一枠を賭けた選考レース。
その一枠に名乗りを上げた数人の選手の中に彼女はいた。
東京でもなく、大阪でもなく、最終選考のこの地を自分の勝負の地と決めた。
f0142548_01775.jpg

しかし体調は万全ではなかった。後で明かされた右ひざ半月板の手術。当日下痢などの症状とウォーミングアップの時突然襲った右ふくらはぎの違和感。
本人も何が起こったかわからなかった。
f0142548_052737.jpg

「夢はかなう」
夢はかなって欲しかった...
f0142548_095314.jpg

スタート数秒前の緊張の瞬間。彼女は3レーンの最前列にいた。
下を向き腕時計のストップウォッチに手を伸ばした。
f0142548_0114312.jpg

12時15分、戦いの場に飛び出していった。
f0142548_0123168.jpg

しかし体調不良は容赦なく彼女を襲った。
序盤の9キロ辺りから先頭集団についていく事が出来ず、ずるずると順位を落としていった。
f0142548_0135613.jpg

しきりに右足に水をかけるシーンが見られた。
表情もかなり厳しそうだとファインダーを覗いていて感じた。
f0142548_018417.jpg

レースは厳しい結果となった。序盤の遅れをそのまま引きずっていった。
1位の中村選手がゴールしてから20分近く経過して競技場に帰ってきた。
しかし観客は帰ることなく彼女を待った。姿を現した瞬間大きな声援が送られた。「Qちゃん頑張れ~!!」
f0142548_0231753.jpg

自己最悪のタイム2時間44分18秒でゴール。27位でレースを終えた。
ゴール後の彼女には笑みが見えた。諦めの笑みだったのか、吹っ切れた笑みだったのか。
競技後の記者会見で、引退は無いと言い切った彼女、取りあえず北京への道は立たれた。
しかし個人的に思うのだが、オリンピックだけがスポーツではない。
様々なレースで彼女の走りを見たいと思う。そして4年後のロンドンオリンピックも可能性はゼロではない。
彼女は35歳、今回のレースでもオリンピック代表目指した弘山晴美は39歳。
まだまだ彼女は走り続けるだろう。いや走り続けて欲しい。納得がいくまで。

More

by sportsgraphic_ys | 2008-03-11 00:37 | Field Athletic
2008年 01月 27日
遠かったゴールライン
初フルマラソンの福士加代子。
北京オリンピックの実質残り1枠の争いに名乗りを上げた。
5000m、ハーフマラソンの日本記録保持者でもあり、トラックの女王とも呼ばれていた彼女が、ここ大阪でフルマラソンに初挑戦した。
しかし未知への距離との戦いはそう甘いものではなかった。
中盤までは後続を引き離し、持ち味のスピードでリードしていたのだが、30km過ぎに失速。
次々に後続の選手に抜かれていった。終盤はジョギング以下のスピードで気力だけで走っているようだった。
最後競技場手前で転倒。トラックに入っても消耗と脱水症状と思われる転倒を何度か繰り返しながらゴールした。
最後は記憶も無かったというほど消耗しきっていたのだ。
結果2時間40分54秒 19位に終わった。
しかし彼女のゴールを目指す姿にスタンドからは、惜しみない拍手が送られた。
彼女はまた見た人にその笑顔と一緒に、別のものをプレゼントしてくれたのだと思う。
f0142548_22484266.jpg

f0142548_22485797.jpg

f0142548_22491186.jpg

CanonEOS-1D MarkⅢ EF400mm F2.8 ISUSM

by sportsgraphic_ys | 2008-01-27 22:58 | Field Athletic
2008年 01月 27日
2008大阪国際女子マラソン
1月27日午後0時10分、440名の挑戦が始まった。
それぞれの選手がそれぞれの目標に向けて、42.195km先のゴールを目指してスタートを切った。
f0142548_2216755.jpg

f0142548_22163673.jpg

f0142548_22165096.jpg

f0142548_2217674.jpg

CanonEOS-1D MarkⅢ EF400mm F2.8 ISUSM

by sportsgraphic_ys | 2008-01-27 22:17 | Field Athletic