カテゴリ:Other( 12 )

2016年 01月 07日
写真持論公論~機材について
最近カメラ業界がにわかに騒がしくなってきましたね~。
オリンピックイヤーには各社(と言ってもC社とN社ですが...)
フラッグシップ機のリニューアルが行われます。
それぞれフラッグシップ機は報道使用に重きを置いている為、
大きなイベントに対してリニューアルが敢行されるようになっていますね。

さてN社から発表されたD5なかなかのスペックですね。
まあ正常進化というべきでしょうか。
C社の次期モデルの発表も時間の問題でしょう。
しかしこれだけのスペックのカメラを4年周期で出すというのは、
メーカーさんの努力も大変なものだと推測します。
最新スペックを身にまとった最新鋭機にはとてつもない耐久試験が待っています。
恐らく一般モデルとは段違いの耐久性を求められると思います。

私も近々出るであろう次期モデルが楽しみです。
でもここでいう楽しみというのは何が楽しみなのでしょうか。
何か期待しているから楽しみなんでしょうか。
情報はある程度リークしていますから推測は可能です。
又、デジタルカメラの正常進化は今までの流れを見るとだいたい予想は付きます。
今まで機材の制限で表現できなかったものが可能になる。
自分の表現したいものが広がるから楽しみなんでしょうね。

しかし良い写真を撮るのと新しいカメラを使うというのはちょっと違うと思います。
いや「良い写真」の意味合いで変わってきますね。
「良い画質の写真を撮りたい」のであれば最新型を手に入れることをお勧めします。
しかし良い写真とは人の心を動かしたり、見る人を感動させる写真の事だとすると、
最新型を必ずしも使わなくても実現は可能でしょう。
何をどう撮りたいか。これが明確であればおのずとカメラ選びは決まってきます。
良くあるパターンは、良い(高い)カメラだと良い写真が撮れると勘違いしている人。
ここでいう良いとは画質ではありません。
まあそう思う人は写真を深く知らない人、写真は基材だと勘違いしている人、そういう写真を撮らない人。
だと思います。
高いカメラをぶら下げて満足している人も現実にはおられます。

基材はあくまでも道具でしかありません。
ただし道具は圧倒的に信頼できる物で無ければなりません。
表現する道具である事。
その表現をするのにどれだけその道具を必要とするか。
そこが大事だと思います。

※文面と写真は関係ありません
f0142548_0275260.jpg


by sportsgraphic_ys | 2016-01-07 22:13 | Other
2015年 08月 05日
8月6日
忘れてはいけない。
忘れられてはいけない。
争いはちょっとしたことから始まる。
思いやる気持ちと許す気持ち。
些細なことだけどそういうことから始まると思う。

f0142548_1957562.jpg

                                                                                                   2010.8.12 Photo Yutaka Sasaki

by sportsgraphic_ys | 2015-08-05 19:57 | Other
2015年 03月 20日
思うこと
「写真見たよ~。」
昨今の写真はスマホやタブレットで行きかっている。
手軽ですぐ簡単にさまざまな写真を見る事が出来る。
それはそれで便利で楽しい。
しかしスマホで4インチ前後、タブレットで10インチ前後という
極小さいサイズ。写真を本当に鑑賞するためには小さすぎる。
ピントやブレ、ディティールの細かい表現なんて見えるわけもない。
しかもその小さい写真で評価が行きかっている。
最終形がそれなら少々のピンボケやブレでもきれいに見えてしまう。
そうなれば撮り手側もそれ前提で撮るようになってしまい、
悪く言えば適当にシャッターを切ってしまう悪循環。

しかも最近のタブレットは画像処理がやたら派手な絵づくり。
パッと見は良く見える。これがまた良くない傾向。
派手さは瞬間はきれいに見えるが、長時間の鑑賞に耐えない。
スマホやタブレットは私も良く利用し便利なツールだと感じているが
こと写真を本当に評価するならプリントだと思っている。
スマホやタブレットで良く見えたものがプリントでは「あれっ!?」っていうのも少なくない。

やはり写真はプリント。
そう思って写真をずっとやってきた。
古いと言われればそれまでなのかもしれないが、
やはりプリントの意味は大きい。

今回写真展が出来る機会を頂いた。
せっかくのチャンスなのでプリントにはこだわった。
それもサイズとクオリティーには。
もう1サイズ大きくしたかったが、バランスの関係上1サイズ下げた。
それでも納得できるものが仕上がった。
そして多くの方に共感頂いた。
結果間違いでなかったことは確認できたしうれしかった。
簡単便利になっていく世の中でやはり手間暇かけることの重要性を今回再認識したし、
感じていただいたのかと思う。

f0142548_20564112.jpg

f0142548_2057495.jpg

f0142548_20571829.jpg

f0142548_20575310.jpg

f0142548_20581849.jpg

f0142548_20582656.jpg

f0142548_20584988.jpg


by sportsgraphic_ys | 2015-03-20 21:00 | Other
2012年 09月 06日
夏の夕暮れ
夕日と飛行機を追い求めて毎週のように空港に通った。
その中でも最高の美しさだったのがこの日。
今まで出遭った中でも1番と言って良いほどの夕日。
日没後の数分間飛行機も飛ばないのに夢中でシャッターを切った。
数分すればあっけなく終焉を迎えるその情景を見ながら、
自然の雄大さとともに人間のちっぽけさをも感じた。
人間はこの地球に生かされてるんだと思う瞬間だった。

f0142548_2321655.jpg


CanonEOS-1D MarkⅣ     
EF70-200mmF2.8L ISⅡUSM

by sportsgraphic_ys | 2012-09-06 23:17 | Other
2012年 05月 21日
金環日食
前日の予報では天候が悪くダメかと思ったが、良い方に外れてくれた。
多少雲が出たものの、逆に良い演出をしてくれた。
次の金環日食は18年後北海道地域で。
今回のような広範囲での観測は300年後らしい。

f0142548_22584043.jpg

f0142548_22592533.jpg

f0142548_22594124.jpg

f0142548_22595365.jpg

f0142548_2301292.jpg


CanonEOS-1D MarkⅣ
EF400mm F2.8L ISUSM
EXTENDER×2Ⅲ
Filter ND8

by sportsgraphic_ys | 2012-05-21 23:00 | Other
2012年 05月 14日
月あかり
GW恒例の富士スピードウェイでのSuper GT
週末は満月のためレース終了後羽田に向かう。
しかし東名上りは大渋滞。
そのため山中湖越えの裏道で向かう。
渋滞もなく快調に進んでいくと見たことの無い風景に出会った。
3日後に満月を迎える月が照らしている情景は神々しくもあった。
かなり気温は低かったが、寒さも日付が変わることも忘れてシャッターを切っていた。

f0142548_23123724.jpg


CanonEOS-1D MarkⅣ
EF17-40mm F4L USM

by sportsgraphic_ys | 2012-05-14 23:12 | Other
2008年 07月 21日
2008 WOMEN'S HOCKEY INTERNATIONAL MATCH 日韓国際交流試合 
10時30分、真夏の太陽が照りつける中、天理のフィールドホッケー場で女の戦いが繰り広げられました。
ほとんど前情報も無く、朝食中朝刊の今日の競技予定を見てかけつけたと言う全くのノープラン。
人工芝のフィールドに水をまいて滑りを良くするのですが、水をかけて欲しいくらいの暑さの中撮影に集中しました。
f0142548_1323992.jpg

f0142548_1325143.jpg

f0142548_133168.jpg

CanonEOS-1D MarkⅢ EF400mm F2.8L ISUSM

by sportsgraphic_ys | 2008-07-21 13:03 | Other
2008年 06月 24日
2008ITUコンチネンタルカップ蒲郡大会
毎年この時期に行われているトライアスロンの大会。
去年の天候は雨、今年も雨。しかも時折バケツをひっくり返したような土砂降り状態。
激しい雨粒は地面にたたきつけられると、跳ね返りまるで白いじゅうたんのようにコースに広がった。
f0142548_22374954.jpg

CanonEOS-1D MarkⅢ EF400mm F2.8L ISUSM 

by sportsgraphic_ys | 2008-06-24 22:48 | Other
2008年 05月 18日
12th TOUR OF JAPAN
毎年この時期日本で行われる、国内最大級の国際自転車レース”TOUR OF JAPAN”
ここ堺を皮切りに奈良、美濃、南信州、富士山、伊豆、東京の計7ヶ所、8日間にわたって繰り広げられる。
今回個人総合トップでゴールしたのは、オーストラリアチーム”SOUTH AUSTRALIA .COM/AISのザッカリン・デンプスター選手
f0142548_21315969.jpg

f0142548_21321490.jpg

CanonEOS-1D MarkⅢ EF400mm F2.8L ISUSM

by sportsgraphic_ys | 2008-05-18 21:32 | Other
2007年 10月 18日
ダルビッシュ 2004.8.14 東北高校vs遊学館
f0142548_2283590.jpg
Nikon F5 AF-S500mm F4 FUJIネオパン400PRESTO CanoScan8800F

日本ハムファイターズがパリーグクライマックスシリーズを制した。
パリーグの頂点に立てた立役者の一人 ダルビッシュ投手。
彼は高校の時からその実力とルックスで注目を浴びていたが、
プロになってもその力を如何なく発揮している。

by sportsgraphic_ys | 2007-10-18 22:36 | Other