カテゴリ:Airplane( 78 )

2015年 12月 02日
写真持論公論_プリントについて
f0142548_22492840.jpg
さて皆さんは撮影機材にどれくらいお金をかけているでしょうか。
ビギナーの方からベテランの方まで様々だと思いますが、
数万円から多い方は車が買える金額になっている方も居られると思います(私もそうですが...)
そして撮影のアクセスに掛かる交通費もバカになりません。
空港が近く自転車等で行かれる方や、車で出かけられる方、また飛行機等で遠くへの遠征やはたまた海外遠征まで。
これまた多くの金額を費やしている方も多く居られると思います。

さてその多くの資金を使い時間を費やして撮った写真はどのような形で見てもらうのでしょうか。
最近はスマホやタブレットでSNSを通じて見たり、写真共有サイト等でアップされた写真を見る事が多くなりました。
手軽で気楽に見られる存在としては非常に良いアイテムなのですが、
写真を正確に表現すると言う部分では問題もあります。
まずそのサイズです。スマホでは4インチ程度、そのサイズはプリントにするとサービスサイズにも満たない小さなものです。
その小ささで何が見えるのでしょうか。
それと一番肝心な色。
スマホのモニターは高コントラストでビビットな色調になっている場合が殆どです。
まあスマホごときに基準色を求めてはいけませんが、キャリブレーションされたモニターでレタッチした後、
SNSにアップした写真をスマホで見てビックリすることはしょっちゅうです。

このような状況で正常に写真なんて判断できないと思うのです。
もし最終結果のアウトプットがSNSやこれらのサイトであるならば、もったいないと思うのです。
インプットの機材や遠征費に多額の資金を使って最終のアウトップットがスマホでは、写真がかわいそうだと思うのです。
写真はプリントして生きるものだと思っています。
最後のプリントにもっと愛情をかけてほしいと思うのです。
昨今のプリンターの性能はかなり良くなっています。
プリントしていない方はとりあえず安いプリンターでも良いでしょう。
プリンターを持っている方や、これから本格的に写真をやりたい方は、
ぜひ各メーカーから出ている写真画質のプリンターを使っていただきたいと思います。

私は銀塩の頃はクリエイトのプリント専門の方にプリントをお願いしていました。
クリエイトもプリンターの方は何名かおられます。
数枚プリントを依頼すると、振り分け作業で行われるため、
別の方が担当されて、プリントの色調が統一していない事がありました。
その為1人のプリンターの方にお願いし、詳細の色味まで微調整していただいていました。
これがものすごく手間隙の掛かる作業なのです。
テストプリントにダーマートで部分部分に指示を書き、プリントし→確認→プリントの繰り返しで仕上げていきます。
銀塩では自分でプリント出来ないので仕方がありませんが、デジタルはこの調整作業も含めて全部自分で出来るのです。
自分で出来るってめちゃくちゃ楽で楽しい作業なんです。
又、プリントするにしてもプロラボの手焼きならまだしも、
街のカメラやさんの機械焼きのところに出してしまうのももったいない話です(街のカメラ屋さんが悪いって言ってるわけではないです)
ご自分でプリントすることをぜひお勧めします。
今はかなり性能の良いプリンターが出てきました。
価格もそこそこしますが写真画質の良いものでも1回遠征費をそちらに回す+αくらいで、買えるのではないでしょうか。

現像ソフトも色々研究されている方も居られると思います。
それを生かすも最終のプリントがあってこそです。
もしかしたらパソコンのモニター上では綺麗に見えても、
プリントすると予想と反するものになってることもあるかもしれません。
これがプリントの難しさでもありますが、今後写真展等される場合ここが肝になってきます。

又、プリントしたものの見せ方ですが、プリントファイルはカメラ屋さんに行けば様々なものが出ています。
デジタルになってA版、B版のサイズ設定が主流となってきていますので、なじみがありわかりやすいかと思います。
(銀塩の頃は半切だの六つ切りだの、一般的にはわかりにくかったですよね。)
まず写真の縦横を考えます。普通は横位置写真が殆どだと思います。
しかし現在市販されている殆どが例えばA4だとすると、BOOK形式になっていて、写真を入れると写真が縦に並んでしまいます。
見る際にプリントファイルを横に持ち直して上下に開く方向に見なければいけなくなります。
これは不便だしそもそも見ていただくのに失礼だと思うのです。
しかし横開きのプリントファイルは数少ないですが、何社か出ていますので探して見るのもいいかと思います。
又、リフィル(中の透明フィルム)の透明度が低いものが中にはあります。
そういうものに写真を入れるとせっかく綺麗にプリントした写真が濁って見えます。
これではもったいないですよね。リフィルはなるだけ透明感の高い物をお勧めします。
ちなみに私が使っているのはコスモスインターナショナルのA4横とA3ノビの物です。
さすがにA3ノビは横位置のものがラインアップされていないので、縦入りになりますが。
このメーカーのリフィルには別売になりますがPET素材のものがあります。
PETは透明度が高く中に入れても写真のクォリティーを損ねる事が少ないのです。
少々値が張りますがお勧めです。
このメーカーのものはヨドバシ等の大型店で実物を見る事が出来ます。

色々書きましたが、要するに最後のアウトプットにも愛情と手間隙をかけてほしいと思うのです。
せっかく撮った写真なのですから。

長々と失礼しました。

by sportsgraphic_ys | 2015-12-02 22:49 | Airplane
2015年 01月 01日
Happy New Yer!!
明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

2月銀座を皮切りに、3月大阪、4月に福岡とキヤノンギャラリーにて合同写真展を開催いたします。
現在チーム全員で準備作業を進めております。
皆様どうぞよろしくお願いいたします。


f0142548_13373741.jpg


by sportsgraphic_ys | 2015-01-01 13:37 | Airplane
2014年 11月 28日
キヤノン写真展ご案内
この度キヤノンギャラリーで合同写真展を開催する運びとなりました。
普段撮っている飛行機をより魅力ある情景として切り取った5人の
作品で構成します。
皆様に存分に楽しんでいただける内容になっていると思います。
お時間ございましたら、ぜひご高覧いただくようお願いします。

<開催概要>

◆タイトル:飛空情景~5人が描いた飛行機模様

◆メンバー:Air Team Graphic
       岡本 豊
       佐々木 豊
       田村 翔
       吉富 直人
       米山 俊一
        (50音順) 

◆開催地 
  キヤノンギャラリー銀座 2月26日~3月4日
   URL http://cweb.canon.jp/gallery/schedule/ginza.html
  キヤノンギャラリー梅田 3月12日~3月18日
   URL http://cweb.canon.jp/gallery/schedule/umeda.html
  キヤノンギャラリー福岡 4月9日~4月21日
   URL http://cweb.canon.jp/gallery/schedule/fukuoka.html

  いずれの開催地も日曜日は閉館となっております。
  又、最終日は午後4時までとなっておりますので、
  ご了承下さい。

f0142548_1959391.jpg


by sportsgraphic_ys | 2014-11-28 19:59 | Airplane
2014年 05月 26日
思うこと
Airlinepictureという海外の航空関係の写真サイト。
投稿を始めてちょうど1ヶ月。
海外の人たちの目にどう評価されるか。
日本を飛び出して応募しています。
会員制等ではなく誰でも応募できるところが手軽なところですが、
投稿したものが全て掲載されるのではなく、エディターの審査を受けることが必要なのです。
ストレートで通るものもあればコメントをもらって掲載はされず修正して再応募したり、諦めたり...
私の場合その審査のコメントは「ジャギーがある」「ノイズが多い」「メインオブジェクトぼやけている」等々...
デジタル処理に関するコメントが100%。
写真内容に関することは今までありませんが、
そのコメントに納得する物もありますが、「んっ??」っていうのも多いです。
5回目で審査通過した難産のものもあります。
ただ言えるのは海外の人の目は日本の人の目とは違いがあります。
単純に一言で言うのは難しいですが、一言で言うならグラフィックアート的。
そういう意味では色々勉強になることもありますし、
この辺は今後もいろいろ試したいと思っています。

審査が通れば掲載されます。
その中でアクセス数やLikeのボタンを押していただいた数によって、
TOPページに載ることになります。
このような特定のコンペティションサイトでは、
さまざまな写真が掲載されます。
作品的なもの、説明的なもの、ハプニングやマニアックなものなど。
作品的にはいまいちでもマニア的にはたまらないものもあるのでしょう。
たまに「これが??」というのがあるのも事実です。

又、写真は気象状況も大きく作用します。
ここのところの日本の空は残念な感じがします。
昔はもっと青空だったしきりっとした光が強かった印象があります。
以前ヨーロッパで感じた日差しや夕方の色合いは、
日本で感じるものとは別格です。
そういう中で投稿するのはどうしても日中の写真より夜や太陽を絡めた写真になりがちです。
日中の写真でトップを取れる写真を撮りたいものです。

以前モータースポーツで毎月応募できるカメラ雑誌のコンテストに出していた頃(15年前くらいになりますが...笑)
そこそこのランキングになると、その雑誌用の写真を撮っている自分がいるのです。
それって自分の絵ではなく雑誌に通るようなサンプル画像の生成のような感じがしてならなかったのです。
自分の絵を撮るというところからかけ離れて行ったのです。
それがいやで結局やめてしまいました。
運よく?2000年に年間チャンピオンを取ることが出来ましたが...

コンテストというものは第三者の目がその作品を審査します。
当然自分の目とは違った視点で見ることになります。
だからこそ自分の想いをその作品にぶつけることが重要に成ると思います。
その想いが写真に乗りうつる(ちょっとオカルトちっくですが)と、
第三者の目もその思いを感じることが出来ると思うのです。
その想いが強ければ強いほどとんがった写真になります。

重要なのは「自分の写真を撮る」ということだと思うのです。
第三者の目を気にして撮っているとどうしても個性という意味では弱くなっていくと思います。
大好きな音楽をたとえて言うならば、最高のミュージシャンは音や歌声を聞いただけで誰だかわかる。
まさに写真もそのとおりだと思うのです。
写真を見て誰のものなのかわかる。これが目指すところだと思います。
強烈な個性を身に着ければ「One & Only 」そういわれれば最高ですね。

Airlinepictureサイト

f0142548_23352982.jpg

                                                  文面と写真とは関係ありません。

by sportsgraphic_ys | 2014-05-26 23:38 | Airplane
2014年 01月 29日
Jet line71 FINAL 747 IN ITM
「妄想が現実となった。」

2014年に退役が前倒しになったANA B747
退役イベントで「里帰りフライト」と称して今まで乗り入れていた空港に飛行するイベントが企画された。
函館、小松、広島、中部、鹿児島、長崎
そこに当然伊丹は無かった。
それはB747が2006年4月から騒音問題で乗り入れが禁止されたからだ。
それでももし万が一来たらどうする!!??なんていう実現性も無い妄想を膨らませていた矢先、
「伊丹にANAジャンボが来る」という情報を入手した。
様々な情報を調べた結果デマでは無くANAからも正式に発表された。

そこで妄想ではなく現実となったのである。

そうなると手放しで喜んでいる場合ではない!!
ベストポジションでベストな絵を撮りたいと言うのは皆同じだろう。
しかも日程を見ると3連休の真ん中。日程的にも好条件!!日本全国どこからでも来ることが可能だ。
そうなると普段のようには行かないのが簡単に想像できる。
移動もどうする!?
車での移動は止める所が無くなるし、渋滞も考えられる。

そうこうしているとANAからフライトプランがリリースされた。
フェリーで到着後周辺住民を乗せて遊覧飛行に出る。
となればフェリーの離着陸と遊覧の離着陸の2回ずつチャンスがある。
1回目の着陸はどこか...やはり千里川か...
しかし何時に来るのか!?
光の回り方はどうなるか。
時間が分かったのはイベント数日前。
7時過ぎには到着予定。
となれば千里川は東側から狙わないと逆光。
「伊丹らしさ」
これを重点的に考えた。
正面側から街並みをバックに...
これしかない。
しかし正面ポイントは前日からの前乗り組み等ですっごい人だと想像する。
まあ真正面でなくても撮れる場所は広範囲にある。
と言うことで最初のお目見えは猪名川土手付近正面ポイントと決めた。
前日入りした友人と撮影後ファミレスで夕食。
その後家に帰ろうとしたが帰って夜中の2時3時に出ることを考えると、
どうせならこのまま車で寝て早めに場所取りに行くか...
定位置に車を止めて仮眠を取る。
ウトウトしていると3時ごろ友人が東京から到着。
一緒に正面ポイントに脚立を置きに行く。
もう既に人だかりができていて、わいわいがやがやと想像していた....が.....
中央付近に行くと誰もいない。
一瞬日にちを確認した。
「今日やね~ジャンボ来るの!?」
結局いつものポイントは確保できた。

5時過ぎごろから機材をセッティングして待っていると、続々集まってきた。
知り合いも数名おられた。
最終的には20~30名程度だろうか。

昨日朝一番は朝日は雲に隠れて日の出は拝めなかったが、
今日は生駒山頂に雲は無い。
7時過ぎに太陽が顔を出す。
そこに羽田からの1番機NH961 B787がタワーに入ってきた。
すると視程も良かったのかその後ろに4ぱつエンジンが後を追ってライトターンに入るのが確認できた。
アプローチに入るB787 その後ろから子供を見守るかのようにNH9005 B747が続いた。
f0142548_23453435.jpg

このシーンは何か感慨深かった。
燃費重視の軽量で最新鋭のB787そして退役するB747。
B787の存在がB747の退役を早めたのは少なからず影響があると思う。

f0142548_2346532.jpg

B787の着陸後すぐにB747が着陸体勢に入った。
4発エンジンがどんどん近づいてくる。
それをピンク色に染まった空が歓迎した。

f0142548_23465198.jpg

その大きな機体は若干の白い煙を上げてタッチダウン。
そのままW10まで転がってきた。
久しぶりの飛来にご挨拶に来たようにも思えた。

次の遊覧飛行離陸まで6時間以上ある。
昼食も友人とコンビニで買いこんで食した後、
スカイパークまで歩いていくことに。
f0142548_23531144.jpg

いつもの北側に顔を出すとひな壇にはすごい人たちの山が...
そして整備場を見ると普段見ないでかい機体が。
その位置を見ると整備場前まで行くと正面から撮れるアングルではないか!!
スカイパークから再び歩いて整備場まで行った。
歩いている途中その大きな機体が見えた。

f0142548_23533373.jpg

正面には既に人だかりのピークは過ぎた感があった。
門の隙間からB747の姿を撮影していると、
なんとありがとうジャンボの垂れ幕を持ったパイロットさん、CAさん、整備士さん、等々の関係者の方が
前に立って並んでくれたのである。
これはめちゃくちゃラッキー!!
これだけでもここに来た価値があった。

帰りは整備上近くからタクシーを拾って車まで戻った。
2時の遊覧の上がりはR14エンドからと決めていた。
するとここも見る見るうちに人が集まってきて、
後ろの道路も今まで流れていた車の流れが離陸前には止まり、
あたかも駐車場のように3列になって車が止まっていた。
f0142548_23552894.jpg

f0142548_23555042.jpg

f0142548_23562254.jpg

離陸もW1の最短からの離陸であるゆえに上がりが早いのは容易に想像できた。
何事も思い通りにはならないのが世の常である。
しかしB747の上がりをここで撮れるのは最後と何か感慨深いものがあった。

さて着陸は千里川と決めていたので大移動である。
遊覧飛行時間は1時間30分早速移動を開始。
友人のご好意で友人の奥さんの運転で千里川に送っていただいた。
最後のフェリー離陸も千里川と決めていたので、フル装備でスタンバイ。
すっごい人である。
これだけの人を千里川で見たのは当然初めてである。

f0142548_23564134.jpg

着陸は短いレンズで千里川らしく人をある程度入れてと考えていた。
しかしB747のここでの広角撮影は初めてなのである。
どのくらいの位置で翼が切れるか?どのくらいのサイズなのかある程度の感じでしかない。
結局B787の撮影ポイントから数十メートルはなれてポジショニング。
これだけ人が多いと知り合いに会う頻度も増える。
数メートル毎にご挨拶。
これもB747の力か。

f0142548_2357463.jpg

f0142548_2358914.jpg

B747が遊覧飛行から帰ってきた。
ものすごい数のカメラが一斉にB747を狙う!!
巨大な機体はいつもの千里川を別のシーンに変えてくれた。
やはりジャンボの存在感は別格である。
f0142548_23583333.jpg

イベント飛行お決まりの放水でお出迎え。

すぐに帰りのフェリーに備えてポジッション移動。
さすがに夜間飛行を狙うカメラマンはその機材から上級者諸氏と思われる。
待ち時間の間は友人との会話で楽しむ。
しかしこの時期太陽が沈むと一気に寒さが増してくる。
寒いと言うより冷たい冷えると言う感覚。

f0142548_2359465.jpg

19時前 フェリーフライトのNH9006がW1までまるで伊丹空港との別れを惜しむかのように
ゆっくり進んできた。

f0142548_001955.jpg

f0142548_005516.jpg

f0142548_065591.jpg

W1からW2へとゆっくり進み4発エンジンとは思えないほど静かに離陸して行った。
そして翼を左右に2回振った「さよなら伊丹」
もうANA B747が伊丹へ来ることは無い。

f0142548_073071.jpg

最後にこんな素敵なイベントを企画していただいたANA関係者の方々に感謝するとともに、
唯一「ジャンボ」という愛称で呼ばれた偉大な飛行機に長い間お疲れ様と言いたい。

by sportsgraphic_ys | 2014-01-29 23:00 | Airplane
2013年 07月 19日
Jet line70 ~写真を表現すること~
PCで、タブレットで、スマホで...
写真を見る環境は一昔前から比べると格段に身近になった。
PCがここまで普及する前は雑誌か写真展で写真と接するくらいだった。
個人ではラボでのプリントを持ち寄って見せ合うと言うのがもっぱらの方法だった。

しかし電子機器の目覚しい発展によりその方法がガラッと変わっていった。
PCが普及しホームページを個人で立ち上げる人が増えた、
そしてもっと身近に簡単に作れるblogになり今のSNSへと...
ハードもタブレットからスマホへと写真と言うものが日常いつも存在するようになり、
より身近で一度に大勢の人が見られる環境に変化して行った。

ボタン一つで著名な方の写真が見られたり、決定的瞬間を見られたり、
便利な世の中になったものだと思う。
しかしその反面写真との関わり方が少々希薄になって来たのではないかと感じる。

今の写真の見方はタブレットやスマホの小さい画面で写真を見て一喜一憂することが多い。
しかし写真と言うのはやはりプリントだと思っている。
いやプリントと言うよりそのサイズなのかもしれないが、
プリントもしくは印刷媒体で大きく伸ばした写真はやはり説得力がある。
便利で身近になった時代だからこそ、写真との接し方をちょっと考える必要があるのではないかと思う。


f0142548_22513778.jpg

f0142548_225239.jpg

f0142548_2252176.jpg

f0142548_2252294.jpg

f0142548_22523843.jpg

f0142548_2252826.jpg

f0142548_22521850.jpg

f0142548_22522878.jpg

f0142548_22524097.jpg

f0142548_22533677.jpg

f0142548_22534834.jpg


by sportsgraphic_ys | 2013-07-19 22:41 | Airplane
2013年 07月 18日
Jet line69
真夏のこのアングルは普通陽炎で撮ることができない。
この日は朝から曇り。太陽もたまに顔を出す程度。
気温もそれほど高くなく、これは行けるのではないかと狙いに行った。
それも3連休の初日。トラベラー達の baggage で重量増を予想。
予想通りかなり引っ張ってくれた。

f0142548_23211293.jpg


CanonEOS-1Dx          
EF600mm F4L ISⅡUSM
EXTENDER×2Ⅲ

by sportsgraphic_ys | 2013-07-18 23:20 | Airplane
2013年 06月 13日
Jet line68
満月と航空機は何度か撮影をした。
月明かりは意外と明るく、満月ともなればISO感度もそれほど上げずに撮影できる。
しかし三日月ともなればそれは一転する。その暗さゆえ月の中に入る航空機は狙えない。
必然的に月と距離を置いた撮影となるのだが、その暗さは肉眼では機影は確認できない。
様々なライトでやっと航空機と判別できるレベル。
この撮影も実際の機影は肉眼では確認できない。ISO感度を51200まで上げて撮影した。
デジタルでしか表現できない世界。機影もはっきりと確認できる。恐るべし!!
動くものが止められるギリギリのシャッタースピードで捕らえた。
絡みはしないが、三日月と航空機そしてうっすら出た雲が良い表情を演出してくれた。

f0142548_21411111.jpg


by sportsgraphic_ys | 2013-06-13 21:41 | Airplane
2013年 06月 11日
Jet line67 
Boeing747
ジャンボの愛称で親しまれているBoeing社最大級の旅客機。
国内航空会社ではJALとANAが保有していたが、JALが2011年3月に全ての運行を終了。
ANAも今年度末にその運行を終了する。
羽田-福岡便も5月で終了し、現在運行するのは羽田-千歳、羽田-那覇のみとなった。

燃料を消費する乗り物の時代の流れでもある低燃費化の波には逆らえない。
しかしジャンボの存在感は他のどの航空機にも無い特別な風格がある。

ANAのジャンボ退役まで残り10ヶ月弱。
今年の夏、羽田からジャンボで北海道の撮影の旅に出る。
夏の千歳でANAジャンボの姿を記憶にそして写真に残しておきたいと思う。


f0142548_23161563.jpg


by sportsgraphic_ys | 2013-06-11 23:16 | Airplane
2013年 06月 03日
Jet line66 伊丹空港
1月14日
運行停止前に撮影したB787の撮影DATE。
実に5ヶ月弱ぶりの定期便での撮影。

空中を舞う航空機。ひとたび問題が起これば多大な影響を及ぼす移動手段でもある。
そのためより慎重になるものである。
航空機の安全性は交通手段としては非常に安全なものである。
数値で指標を見ると、アメリカの運輸安全委員会が行った調査によれば事故に遭う確率は、
航空機が0.0009% 自動車事故の割合は0.03%という。
ただ一度事故が起きれば命を落とす確立としては高いというリスクは有る。
だから航空関係者には、安全性を常に意識し運行上でもエラーの起きないシステム作りを行ってもらいたいものだ。


f0142548_239227.jpg

f0142548_2395357.jpg

f0142548_23101410.jpg

f0142548_23104930.jpg

f0142548_2311328.jpg


CanonEOS-1Dx          
CanonEOS-1D MarkⅣ     
EF600mm F4L ISⅡUSM
EF400mm F2.8L ISUSM
EF17-40mm F4L USM
EXTENDER×1.4Ⅲ
EXTENDER×2Ⅲ

by sportsgraphic_ys | 2013-06-03 23:12 | Airplane