<   2011年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2011年 06月 29日
Jet line31
ここ数日梅雨が明けたのではないかという天気が続いた。
朝から太陽が降り注ぎ、青空に向かって那覇行きJAL B777-300が
相変わらず低いTake offで綺麗なひねりを見せてくれた。
昼前には積乱雲がモクモクと沸き立った。
夕方のスコールを期待したが、そこまでは希望通りにはならなかった。

f0142548_21181693.jpg

f0142548_21184076.jpg

f0142548_21185739.jpg


CanonEOS-1D MarkⅣ EF400mm F2.8L ISUSM(EXTENDER×2)

by sportsgraphic_ys | 2011-06-29 21:19 | Airplane
2011年 06月 20日
Jet line30
今年は梅雨が梅雨らしく訪れていると感じる。
降雨量も多くこの日も予報は雨。朝から低い雲が立ち込めた。
東京から友人が遠征してきたこともあり、朝一番機からの撮影となった。
予報は雨だったが午後には太陽を顔を出す天候となった。
日没後は一瞬空がピンク色に染まり、羽田行きANA B777-300の機体をピンク色に染めた。

f0142548_23273459.jpg

f0142548_2328038.jpg

f0142548_23282791.jpg


CanonEOS-1D MarkⅣ EF400mm F2.8L ISUSM

by sportsgraphic_ys | 2011-06-20 23:29 | Airplane
2011年 06月 15日
Jet line29
2011.6.14 今日の夕日。
仕事終業後そのまま伊丹に直行した。
美しい色彩ショーに出会えた。

f0142548_0323625.jpg

f0142548_0324713.jpg

f0142548_0325880.jpg


CanonEOS-1D MarkⅣ EF400mm F2.8L ISUSM

by sportsgraphic_ys | 2011-06-15 00:33 | Airplane
2011年 06月 11日
Jet line28
大空を駆け抜ける航空機たち。
高速で移動するこの乗り物は、様々な現象を起こす。
熊本上空を飛行中のB747から尾を引いたヴェイパーが虹色に輝いた。

f0142548_10291751.jpg


CanonEOS-1D MarkⅣ EF400mm F2.8L ISUSM(EXTENDER×2)

by sportsgraphic_ys | 2011-06-11 10:27 | Airplane
2011年 06月 08日
Jet line27
阿蘇熊本空港
航空機と太陽が絡むポイントとして有名な場所。
RWY方位が07/25と東西に位置するため、11月下旬となれば07END方向に太陽が沈む。
又、200mの台形地に作られた空港のため、RWYと太陽との間にさえぎる建物が無いのも好条件の理由だ。
11月多い時には100名ほどのカメラマン達が撮影に訪れるという。


f0142548_054036.jpg

f0142548_0541288.jpg


CanonEOS-1D MarkⅣ EF400mm F2.8L ISUSM

by sportsgraphic_ys | 2011-06-08 00:54 | Airplane
2011年 06月 07日
FN Rd.2 AUTOPOLIS 2011
写真を撮る。そこには何かイメージや表現したい物が存在する。
それを映像化することは、表現者に任せられた一番面白い所でもあると思う。
しかしそういう部分が無かった場合、ただの撮影者でしか無い。
だからこそイメージし、強い想いをぶつけない事にはつまらない物になってしまう。
そしてその想いは写真から伝わる物だと信じている。
実際数十センチ、いや数センチの差であるかも知れないマシンの位置や角度、
数百枚から1枚と言う事もある。それもこだわった結果からだと自分に言い聞かせる。

f0142548_21555359.jpg

f0142548_215632.jpg

f0142548_21561355.jpg

f0142548_21562263.jpg


CanonEOS-1D MarkⅣ EF400mm F2.8L ISUSM(EXTENDER×1.4)(EXTENDER×2)
CanonEOS-1D MarkⅢ EF17-40mm F4L USM

by sportsgraphic_ys | 2011-06-07 21:19 | Motor Sports
2011年 06月 01日
Jet line26
又日本の空から姿を消す飛行機がある。
JALでの役目を終えたエアバスA300-600R(AB6)
通常で有れば3月にラストフライトを迎える予定だったが、
東日本大震災の影響で退役が延期され、羽田-青森間で就航していた。
荷室が大きい特徴から、支援物資を運ぶ為に重要な役割を果たした。
何か最後の最後、役に立てる仕事があるんだという主張のようにも感じた。
4月には羽田-伊丹間で一番機に使用され、毎週末早朝から伊丹へ車を走らせた。

旧JAS時代の導入初号機JA8375には20年間ありがとうの文字がペイントされ、
だいぶ老朽化した塗装と相まってその姿が物悲しくも見えた。
そして5月全てのフライトからラインアウトした。
旧JAS時代から20年。日本の空を飛び回ったAB6。
最後はイベント飛行も無く静かにその役目を終えた。

f0142548_22252988.jpg

f0142548_2225488.jpg

f0142548_2225397.jpg

f0142548_2225529.jpg


CanonEOS-1D MarkⅣ EF400mm F2.8L ISUSM

by sportsgraphic_ys | 2011-06-01 22:27 | Airplane