<   2014年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2014年 01月 29日
Jet line71 FINAL 747 IN ITM
「妄想が現実となった。」

2014年に退役が前倒しになったANA B747
退役イベントで「里帰りフライト」と称して今まで乗り入れていた空港に飛行するイベントが企画された。
函館、小松、広島、中部、鹿児島、長崎
そこに当然伊丹は無かった。
それはB747が2006年4月から騒音問題で乗り入れが禁止されたからだ。
それでももし万が一来たらどうする!!??なんていう実現性も無い妄想を膨らませていた矢先、
「伊丹にANAジャンボが来る」という情報を入手した。
様々な情報を調べた結果デマでは無くANAからも正式に発表された。

そこで妄想ではなく現実となったのである。

そうなると手放しで喜んでいる場合ではない!!
ベストポジションでベストな絵を撮りたいと言うのは皆同じだろう。
しかも日程を見ると3連休の真ん中。日程的にも好条件!!日本全国どこからでも来ることが可能だ。
そうなると普段のようには行かないのが簡単に想像できる。
移動もどうする!?
車での移動は止める所が無くなるし、渋滞も考えられる。

そうこうしているとANAからフライトプランがリリースされた。
フェリーで到着後周辺住民を乗せて遊覧飛行に出る。
となればフェリーの離着陸と遊覧の離着陸の2回ずつチャンスがある。
1回目の着陸はどこか...やはり千里川か...
しかし何時に来るのか!?
光の回り方はどうなるか。
時間が分かったのはイベント数日前。
7時過ぎには到着予定。
となれば千里川は東側から狙わないと逆光。
「伊丹らしさ」
これを重点的に考えた。
正面側から街並みをバックに...
これしかない。
しかし正面ポイントは前日からの前乗り組み等ですっごい人だと想像する。
まあ真正面でなくても撮れる場所は広範囲にある。
と言うことで最初のお目見えは猪名川土手付近正面ポイントと決めた。
前日入りした友人と撮影後ファミレスで夕食。
その後家に帰ろうとしたが帰って夜中の2時3時に出ることを考えると、
どうせならこのまま車で寝て早めに場所取りに行くか...
定位置に車を止めて仮眠を取る。
ウトウトしていると3時ごろ友人が東京から到着。
一緒に正面ポイントに脚立を置きに行く。
もう既に人だかりができていて、わいわいがやがやと想像していた....が.....
中央付近に行くと誰もいない。
一瞬日にちを確認した。
「今日やね~ジャンボ来るの!?」
結局いつものポイントは確保できた。

5時過ぎごろから機材をセッティングして待っていると、続々集まってきた。
知り合いも数名おられた。
最終的には20~30名程度だろうか。

昨日朝一番は朝日は雲に隠れて日の出は拝めなかったが、
今日は生駒山頂に雲は無い。
7時過ぎに太陽が顔を出す。
そこに羽田からの1番機NH961 B787がタワーに入ってきた。
すると視程も良かったのかその後ろに4ぱつエンジンが後を追ってライトターンに入るのが確認できた。
アプローチに入るB787 その後ろから子供を見守るかのようにNH9005 B747が続いた。
f0142548_23453435.jpg

このシーンは何か感慨深かった。
燃費重視の軽量で最新鋭のB787そして退役するB747。
B787の存在がB747の退役を早めたのは少なからず影響があると思う。

f0142548_2346532.jpg

B787の着陸後すぐにB747が着陸体勢に入った。
4発エンジンがどんどん近づいてくる。
それをピンク色に染まった空が歓迎した。

f0142548_23465198.jpg

その大きな機体は若干の白い煙を上げてタッチダウン。
そのままW10まで転がってきた。
久しぶりの飛来にご挨拶に来たようにも思えた。

次の遊覧飛行離陸まで6時間以上ある。
昼食も友人とコンビニで買いこんで食した後、
スカイパークまで歩いていくことに。
f0142548_23531144.jpg

いつもの北側に顔を出すとひな壇にはすごい人たちの山が...
そして整備場を見ると普段見ないでかい機体が。
その位置を見ると整備場前まで行くと正面から撮れるアングルではないか!!
スカイパークから再び歩いて整備場まで行った。
歩いている途中その大きな機体が見えた。

f0142548_23533373.jpg

正面には既に人だかりのピークは過ぎた感があった。
門の隙間からB747の姿を撮影していると、
なんとありがとうジャンボの垂れ幕を持ったパイロットさん、CAさん、整備士さん、等々の関係者の方が
前に立って並んでくれたのである。
これはめちゃくちゃラッキー!!
これだけでもここに来た価値があった。

帰りは整備上近くからタクシーを拾って車まで戻った。
2時の遊覧の上がりはR14エンドからと決めていた。
するとここも見る見るうちに人が集まってきて、
後ろの道路も今まで流れていた車の流れが離陸前には止まり、
あたかも駐車場のように3列になって車が止まっていた。
f0142548_23552894.jpg

f0142548_23555042.jpg

f0142548_23562254.jpg

離陸もW1の最短からの離陸であるゆえに上がりが早いのは容易に想像できた。
何事も思い通りにはならないのが世の常である。
しかしB747の上がりをここで撮れるのは最後と何か感慨深いものがあった。

さて着陸は千里川と決めていたので大移動である。
遊覧飛行時間は1時間30分早速移動を開始。
友人のご好意で友人の奥さんの運転で千里川に送っていただいた。
最後のフェリー離陸も千里川と決めていたので、フル装備でスタンバイ。
すっごい人である。
これだけの人を千里川で見たのは当然初めてである。

f0142548_23564134.jpg

着陸は短いレンズで千里川らしく人をある程度入れてと考えていた。
しかしB747のここでの広角撮影は初めてなのである。
どのくらいの位置で翼が切れるか?どのくらいのサイズなのかある程度の感じでしかない。
結局B787の撮影ポイントから数十メートルはなれてポジショニング。
これだけ人が多いと知り合いに会う頻度も増える。
数メートル毎にご挨拶。
これもB747の力か。

f0142548_2357463.jpg

f0142548_2358914.jpg

B747が遊覧飛行から帰ってきた。
ものすごい数のカメラが一斉にB747を狙う!!
巨大な機体はいつもの千里川を別のシーンに変えてくれた。
やはりジャンボの存在感は別格である。
f0142548_23583333.jpg

イベント飛行お決まりの放水でお出迎え。

すぐに帰りのフェリーに備えてポジッション移動。
さすがに夜間飛行を狙うカメラマンはその機材から上級者諸氏と思われる。
待ち時間の間は友人との会話で楽しむ。
しかしこの時期太陽が沈むと一気に寒さが増してくる。
寒いと言うより冷たい冷えると言う感覚。

f0142548_2359465.jpg

19時前 フェリーフライトのNH9006がW1までまるで伊丹空港との別れを惜しむかのように
ゆっくり進んできた。

f0142548_001955.jpg

f0142548_005516.jpg

f0142548_065591.jpg

W1からW2へとゆっくり進み4発エンジンとは思えないほど静かに離陸して行った。
そして翼を左右に2回振った「さよなら伊丹」
もうANA B747が伊丹へ来ることは無い。

f0142548_073071.jpg

最後にこんな素敵なイベントを企画していただいたANA関係者の方々に感謝するとともに、
唯一「ジャンボ」という愛称で呼ばれた偉大な飛行機に長い間お疲れ様と言いたい。

by sportsgraphic_ys | 2014-01-29 23:00 | Airplane