2007年 10月 22日
MFJ全日本ロードレース最終戦 鈴鹿サーキット
f0142548_9564251.jpg

f0142548_957035.jpg

f0142548_9571857.jpg

CanonEOS-1D Mark2N EF400mm F2.8 ISUSM

2輪の撮影は被写体が小さいことから、主レンズにテレコンをつけて撮影することがほとんどです。
4輪でも×1.4や×2はほぼどちらか使用している状態ですが、2輪は×2がフルに活躍します。
ほとんど付けっぱなしと言うことが多いです。
私の主に使用している400mmF2.8ISUSMは単体での描写が良く、テレコンを使用しても大きな画質の劣化が起き難いのです。
おまけに×2装着でもファインダーの見易さは他のF4クラスのレンズとは一線を画します。
他のスポーツではテレコンはほとんど使用しませんが、モータースポーツでは欠かせないアイテムです。

※1枚目、2枚目は×2使用、3枚目は×2と×1.4をダブルで使用しています。

by sportsgraphic_ys | 2007-10-22 21:41 | Motor Sports


<< SBC杯第14回全日本スピード...      ダルビッシュ 2004.8.1... >>